故郷の男

『故郷の男』越後屋・著

越後屋・著

ISBN978-4-86514-546-5
出版社:株式会社 大航海
配信開始日:2018年3月21日
頁数:57(※1)
価格:150円(税込162円)
※1 1行36文字、1頁13行でレイアウトした場合の総頁数です。

あらすじ

着ていった服がぼろぼろにされていたら、お前のご両親はどう思うかな。これからお前は俺の女だ。俺に呼ばれたら、いつでも俺に抱かれに来るんだ──故郷での十五年振りの同窓会。あのとき、圭輔は捕手で、いまの夫・翔太は投手、そして杏子はマネージャーだった。翔太が野球推薦で進んだ大学に杏子も進み、ほどなくして結婚、子供も授かった。高卒のまま地元で働くことになった圭輔──人生の歩みの差が積み重なって、澱のような黒い思いを抱えた男の、用意周到な復讐と、執拗な肉欲は一年前から計算されつくされていた。奸計に、最初こそ抵抗をしめす杏子だったが、やがて、全身を波打たせて……背徳の快楽の甘美を描き出す、鋭利な淫楽短編!!

著者略歴

越後屋(えちごや) ─ 2005年、『夜の飼育』で第三回幻冬舎アウトロー大賞特別賞を受賞し、作家デビュー。男くさい主人公やハードボイルドな作風の一方で、繊細な若者の感情を描いた作品なども得意とする。
作品一覧

ダウンロード版を購入

※端末にファイルをインストールしてご覧いただくタイプです。ご利用のビューア/リーダーに合ったファイル形式をお選びください。お支払い方法はクレジットカードまたはPayPal決済からお選びいただけます。

※ブラウザでご覧いただくタイプです。特別な設定は必要なく、ご利用のブラウザですぐにご覧いただけます。但し、閲覧の際はインターネットに接続する必要があります。「Yondemill(ヨンデミル)」でのご購入となり、お支払い方法はクレジットカードまたはキャリア決済(docomo, au, softbank)からお選びいただけます。

※Kindle 電子書籍リーダー、Fire タブレット、Kindle 読書アプリ(iOS版, Android版, Mac版, Windows PC版)専用です。「Kindle ストア」でのご購入となります。

コメントを残す