【瀬井隆・著】青く晴れ渡った三月下旬の平日、由里は胸を高鳴らせ、雪の上を歩いていた。卒業式のその日、鹿賀先生に動画を、学校裏手の誰も来ない丘の上で、撮ってもらう約束をしていたのだ──ひょんなことから、怒ると怖い鹿賀と口を…

カートに追加

【瀬井隆・著】首都圏の一角にあるその街では、ここのところ奇妙な事件が発生していた。若い女性たちが通りかかった男に肌を露出し、自ら性的奉仕をするという痴女行為──彼女たちの体の一部には、ナンバーのような数字がペイントされて…

カートに追加

【瀬井隆・著】肩で息をしながら、大学三年の淑恵は思っていた──そうよね、こんなものよね。セックスってきっと、これくらいの快感が普通なんだ──社会に出るまでのあと一年、この田舎町で、厳しい冬に閉じ込められ、つまらない同級生…

カートに追加

【瀬井隆・著】九州のとある無人島に建設中の高級リゾート。藤枝真澄はその体験モニターとして、複数の女性達と共に招待された。しかし、その実態はセレブ男性相手の性の楽園の建設、誰でもOKな公衆便所女を探し出す為の罠だった! 荒…

カートに追加