第5回 丁稚の書評――北原童夢・著『隻脚の天使』

みなさま、ご無沙汰しております。丁稚でございます。今回は北原童夢・著『隻脚の天使』の第一話についてお話しいたします。タイトルどおり、隻脚つまり片足の少女のお話です。なんだか、それだけでゾクゾクしますね。 もっとも印象深か […]