鏡あそび

『鏡あそび』蛭田亜紗子・著

蛭田亜紗子・著

ISBN978-4-86514-509-0
出版社:株式会社 大航海
配信開始日:2016年11月20日
頁数:54(※1)
価格:150円(税込162円)
※1 1行36文字、1頁13行でレイアウトした場合の総頁数です。

あらすじ

リストラされた会社でいちばん嫌いなタイプ。ぶよぶよして、芋虫みたいなでっぷり太った指の持主の中年男、すがぬまさんに、は鏡張りのラブホテルの一室で抱かれていた。そしてボールギャグを咬まされ、四つんばいの鏡の中の女、が、こちらを見ていた…。ある日、菅沼さんに懇願され、「新婚初夜」プレイを撮影、映像は手違いからノーカットでアップロードされてしまう。そして、なにかが、はじけた──幼いころから一人ぼっちだった自分と、鏡の中のもうひとりの自分と会話して生きてきた女の「逃避行」は……。

著者略歴

蛭田亜紗子(ひるたあさこ) ─ 札幌市出身。『自縛自縄の二乗』で新潮社「第7回女による女のためのR‐18文学賞」大賞を受賞。作家デビュー。女性の性にフォーカスしたWEB小説、文芸誌短編など独自の感性溢れる作品を発表、官能小説誌でも活躍中。

ダウンロード版を購入

※端末にファイルをインストールしてご覧いただくタイプです。ご利用のビューア/リーダーに合ったファイル形式をお選びください。お支払い方法はクレジットカードまたはPayPal決済からお選びいただけます。

※ブラウザでご覧いただくタイプです。特別な設定は必要なく、ご利用のブラウザですぐにご覧いただけます。但し、閲覧の際はインターネットに接続する必要があります。「Yondemill(ヨンデミル)」でのご購入となり、お支払い方法はクレジットカードまたはキャリア決済(docomo, au, softbank)からお選びいただけます。

コメントを残す