獣夜

『獣夜』うかみ綾乃・著

うかみ綾乃・著

ISBN978-4-86514-022-4
出版社:株式会社 大航海
配信開始日:2018年3月21日
頁数:126(※1)
価格:200円(税込216円)
※1 1行36文字、1頁13行でレイアウトした場合の総頁数です。

あらすじ

村に伝わる因習の生贄となり、娼婦として生きるサク。納屋に隔離された姉に会うことを禁じられた新太は、年に一度、祭りの夜にサクと過ごすことだけを楽しみに暮らしていた。そして、その祭りの夜──納屋からサクが消えた。連れ出したのは弟の新太。みじめな生活から抜け出すため、ふたりは村を捨てたのだった。姉弟が消えたのを知った村の消防組はふたりを追跡する。捜索隊を率いるのは、姉弟にやさしかった耕作。しかし彼は己を卑怯者と自嘲していた。追っ手のせまるなか、ふたりは死を覚悟する。そして幼い姉弟は肌を合わせ、こえてはならない一線をついに……。ふたりの運命は、そして耕作の下した決断とは──? 団鬼六賞の大賞受賞作家による秘蔵の作品がついにお蔵出し!

著者略歴

うかみ綾乃(うかみあやの) ─ 奈良県生まれ。作家、ミュージシャン。2011年『窓ごしの欲情』で日本官能文庫大賞新人賞を受賞、気鋭の女流官能作家として注目を集める。2016年『姉の愉悦』(『溺愛』と改題)映画化。

ダウンロード版を購入

※端末にファイルをインストールしてご覧いただくタイプです。ご利用のビューア/リーダーに合ったファイル形式をお選びください。お支払い方法はクレジットカードまたはPayPal決済からお選びいただけます。

※ブラウザでご覧いただくタイプです。特別な設定は必要なく、ご利用のブラウザですぐにご覧いただけます。但し、閲覧の際はインターネットに接続する必要があります。「Yondemill(ヨンデミル)」でのご購入となり、お支払い方法はクレジットカードまたはキャリア決済(docomo, au, softbank)からお選びいただけます。

コメントを残す