隻脚の天使 第10話

『隻脚の天使 第10話』北原童夢・著

北原童夢・著

ISBN978-4-86514-013-2
出版社:株式会社 大航海
配信開始日:2016年1月25日
頁数:37(※1)
価格:100円(税込108円)
※1 1行36文字、1頁13行でレイアウトした場合の総頁数です。
本作品の第1〜3話は無料でご覧いただけます。

あらすじ

「足を切るなんて、死んでもいやよ。殺してよ。先生……」そう叫んでいた手術台に横たわる安西里美をじっと見下ろす神山里佳子。まだ、男に穢されていない天才チェリストのこの少女にオペの前から心奪われている担当女医──自らも隻脚の彼女は少女を愛し、少女は悪魔的に応え始める。さらに周囲の男たちは懸命に「生きる」少女の魅力に抗えず、やがて少女の下僕的虜に──2003.05~2004.04まで12話にわたって雑誌連載されたまま、そのフェティッシュさと登場人物たちの黒い淫心に「本」として編まれることを赦されなかった、官能小説の域を超えた著者の金字塔!

著者略歴

北原童夢(きたはらどうむ) ─ 寺山修司の『天井桟敷』で演出を担当。劇団の主宰を経て文筆業に。『看護婦・凌辱病棟』(フランス書院)でデビュー。その後、官能小説、評論集を続々発表。2006年「中村うさぎ賞」を受賞。

ダウンロード版を購入

※電子書籍ビューア/リーダーでご覧いただくタイプです。ファイル形式は標準規格のEPUB3(iBooks, Kinoppy, BiB/i etc.対応)と Kindle専用のMOBI(※除くiOS)からお選びいただけます。

※ブラウザでご覧いただくタイプです。特別な設定は必要なく、ご利用のブラウザですぐにご覧いただけます。但し、閲覧の際はインターネットに接続する必要があります。

コメントを残す