蝮の舌

『蝮の舌』うかみ綾乃・著

うかみ綾乃・著

ISBN978-4-86514-007-1
出版社:株式会社 大航海
配信開始日:2016年10月30日
頁数:434(※1)
価格:650円(税込702円)
※1 1行36文字、1頁13行でレイアウトした場合の総頁数です。

あらすじ

「この森にはね、まむしが出るのよ。誰も入っちゃいけないのよ」──伝統ある生田流箏の家に生まれ育った姉妹、京香と清香。伝統とは裏腹に、家の窮乏は深まっていた。そこにつけ込み、箏の世界で権力を握ろうとする二人の男の卑劣な罠によって、生来の激情が剥き出しになっていく姉。一方、姉の婚約者に一途な想いを寄せてきた複雑な嫉妬心から、自ら暗い罠に堕ちていく妹。この姉妹を幼い頃から見守り続けてきた使用人の正巳。そして──四年に一度の盛大な祭事「蝮をどり」の夜、聖なる森への入り口が開く……。愛と性を描き、絆を描く、著者渾身の大作! 第二回団鬼六賞大賞受賞作品。『エロスが何かわかっている』と選考委員・石田衣良氏に称賛された逸品!!

著者略歴

うかみ綾乃(うかみあやの) ─ 奈良県生まれ。作家、ミュージシャン。2011年『窓ごしの欲情』で日本官能文庫大賞新人賞を受賞、気鋭の女流官能作家として注目を集める。2016年『姉の愉悦』(『溺愛』と改題)映画化。

ダウンロード版を購入

※端末にファイルをインストールしてご覧いただくタイプです。ご利用のビューア/リーダーに合ったファイル形式をお選びください。お支払い方法はPayPal(またはクレジットカード)決済となります。

※ブラウザでご覧いただくタイプです。特別な設定は必要なく、ご利用のブラウザですぐにご覧いただけます。但し、閲覧の際はインターネットに接続する必要があります。「Yondemill(ヨンデミル)」でのご購入となり、お支払い方法はクレジットカード決済またはキャリア決済(docomo, au, softbank)からお選びいただけます。

蝮の舌” についてのコメント

コメントを残す