作品一覧


【瀬井隆・著】九州のとある無人島に建設中の高級リゾート。藤枝真澄はその体験モニターとして、複数の女性達と共に招待された。しかし、その実態はセレブ男性相手の性の楽園の建設、誰でもOKな公衆便所女を探し出す為の罠だった! 荒…

カートに追加

【睦月影郎・著】素破──関ケ原から二十五年、世は泰平となりつつあったが、それでも戦を想定して、日々隠れ里で鍛錬を怠らない衆がいた。十郎は箱根と足柄の中間、小田浜藩の所領で、姥山の衆の頭目の一人息子として生まれ、叔母のアザ…

カートに追加

【藍川京・著】十五年ぶりに陶工・悠吾との思い出の地、唐津を訪れた三十七歳の紫歩は、偶然に導かれるように悠吾が描いた塩沢紬の帯と出会う。女主人と語り合う紫歩の前に現れた四十五歳の悠吾は、紫歩を強引に誘う。悠吾の母の反対を理…

カートに追加

【橘真児・著】「痴漢ですっ!」──朝の通勤電車内に突如響き渡った甲高い声。ひとりの少女が男の手首を掴み、高々とか掲げる。独特のセーラーカラーは聖ハイム女学園のものだ。聡史には他人事だった。が、その二日後、また彼女が痴漢被…

カートに追加

【蛭田亜紗子・著】在宅でフリーの広告デザイナーとして働く花奈には発情期があった──若葉が芽吹き花のつぼみが堅くなる季節。排卵期に性欲が増す女性とはまた違った、欲しくて欲しくて、理性をコントロールできなくなる時期。バスの中…

カートに追加

【松崎詩織・著】三十年前、中学の卒業式が終わった日の夜、古賀はこっそり夜の教室に佇んでいた。桜の花びらが窓の外を、鮮烈な色彩を持って降り続けていた。そして…白川先生もひとり、教室にいた。東京の私立中学を辞めて、教員不足が…

カートに追加